食育教育と、管理栄養士の関係

最近話題の言葉、「食育」
皆さんは、この「食育」が、どの様なものか、ご存じでしょうか?

食育とは、2005年に食育基本法という法律が制定されてから生まれた言葉です。様々な経験を通じて、食事の大切さ、食を選択する力を付けて、健全な食生活を送る力を身につける。そういった事を目的した、食事に関する教育が、「食育」になります。

現代の食生活は、冗談でも健全な食生活とは言えません。多くの輸入された食材。農薬、化学薬品が大量に含まれた野菜・食材。そのような物を、私達は日々摂取せざるを得ないのです。 もちろん、お金を出せば安全な食事を摂る事も出来ます。

食育教育と、管理栄養士の関係

しかし、日本のお財布事情を考えると、質より価格・・・。どうしても、そうなってしまいます。 特に、日本は中国から輸入された食材を多く使用しています。しかし、中国では偽装問題や、環境問題等、様々な事が問題になっています。現代の日本は、海外からの危険な食材をわざわざ仕入れて、消費しているのです。

そんな現状を打開するために、きちんと食を選択する力を養う「食育」が誕生しました。「食育」は、現在様々な所で行われています。そして、食育教育を行うのに、栄養・食事のプロである管理栄養士は、必要不可欠な人材なのです。

 

「食育」と管理栄養士の関わりについて<

管理栄養士は、いわば食事、栄養に関するプロ。
最近では、小学校や中学校を始め、様々な所で食育教育が行われています。

しかし、学校の先生の中に、栄養・食事に特化した人はいないのが現状です。家庭科の先生でも、食事・栄養に関しての知識は、管理栄養士には遠く及びません。 そこで、栄養・食事のプロである管理栄養士が学校等に派遣されて、食育教育を行うのです。

当サイトでは、実際に教壇に立って食育教育を行っている管理栄養士の方へのインタビューも掲載しています。しかし、どの管理栄養士の方も、食育教育の難しさを嘆いています。 いくら食事・栄養に関する教育を行っても、食事や栄養を取り巻く環境も変化しなければ、意味がありません。どんなに知識があっても、それに伴った環境を用意できていない日本。

今後、管理栄養士等が中心となり、人の知識の面だけでなく、日本全体の食事・栄養に関わる環境を整えなければいけない。それが、管理栄養士の共通目標となっています。 皆さんの知らない所で、管理栄養士の方々は、食育に関する教育を始め、日々精力的に活動しています。

もしかしたら、今日あなたが食べた食事、見たテレビ、本、雑誌。どれかに、管理栄養士が関係しているかもしれません。 日本人の食事・栄養を根底から支える。そして、日本全体の食事・栄養の環境を整える。それが、私たち管理栄養士の仕事なのです。