ユーキャンの管理栄養士合格指導講座

通信教育で人気の≪ユーキャン≫の、“管理栄養士合格指導講座”について、簡単にお話ししたいと思います。

■本番同様の添削指導
管理栄養士の国家試験は、ほとんど五肢択一のマークシート方式です。ユーキャンの添削指導は、【二肢択一の基礎力テスト】と、【五肢択一の実践力テスト】を組み合せて、試験に備えています。これで、落ち着いて本番にのぞむことができます。

■わかりやすいテキスト
専門用語が多い管理栄養士のテキストにとって、「わかりやすさ・見やすさ」は、とても大事なことです。ユーキャンのテキストは、文字の大きさ、字間や行間も、「読みやすさ」を重視したバランスになっています。また、イラスト・図解を使って、受講生が理解しやすいつくりになっています。文字の色分けなどで、ポイントもわかりやすく整理されていて、後から参考書としても使用できます。さらに数多くの練習問題をこなすことで、試験当日にむけて、しっかりと力をつけてゆくのです。

■ベテラン講師陣がサポート
わからないことがあったら、FAX・郵便・Eメールで質問することができます。講師が、わかるまで、丁寧に答えてくれますから、とっても安心です。

■添削指導で弱点克服
添削指導は全部で11回くらいありました。提出された解答は、コンピュータ分析後、詳しい解説を加えて、講師のアドバイスを添え、返してくれます。私は、おかげで試験当日までに、自分の弱点を克服することができました。

 

ヒューマンの通信講座「たのまな」なら就職・転職まで徹底サポート!

 ヒューマンアカデミーは、「たのまなサポート10」というものがあり、受講生から送られてきた「あったらいいな!」という声を形にしています。

たのまなサポートは、同じ仲間同士で情報交換したり、励ましあったり、遊んだりできるコミュニティサービスですので、いつも不安と隣り合わせの受講生にとって心強い味方です。「資格取得」までの長い道のりを”仲間”と一緒に頑張れるシステムです。


また、初めて受講される方は聞きたい質問がたくさんあるものですが、分からない質問は何度でも質問できます!プロ講師が納得がいくまで丁寧に回答してくれますので安心です。

そして、試験に合格したあとは就職や転職のサポート制度がありますので内定までお付き合いしてくれます。

 

「シカトル」で探してみよう!

「資格をとろう!」と思う気持ちは同じでも、ライフスタイルは、みんなそれぞれ違いますね。より早く、確実に資格を取得するためには、まず、自分にあった講座を探すことがポイントです。

資格を取るからシカトル

いろんなライフスタイルに、ピッタリあった講座の情報収集のお手伝いをするのが「シカトル」です(多分「資格取る」の略だと思いますね)。
「シカトル」は、お住まいの地域ごとに、介護・医療・福祉・栄養士に関する講座の情報を収集することができます。いくつかの講座が候補にあがったら、無料の一括請求サービスで資料を取りよせて、講座の特徴、年間スケジュール、受講費用、教材、メリット等を、ゆっくりとチェックして、自分に一番あった講座を選ぶことができます。

また、「シカトル」の求人情報サイトでは、栄養士の仕事の検索もできるので、「資格を取得した後」にも使えるサイトです。私の友達は、けっこう利用していました。

 

『通信講座net』でプロを目指そう

通信講座.net

 『通信講座.net』は、リクルートが運営する、≪プロをめざせるスクール・講座検索サイト≫です。プロになるためにはどんな資格が必要か、この資格があればどんなプロをめざせるか、転職するために必要なことは何か、無理なく学べる講座はどれなのか…。ただ、講座を紹介するだけではなく、あらゆる視点からみた“資格”を紹介しているサイトです。

とりたい資格・やりたい仕事が決まっている人はもちろん、「何からはじめればいいのか分からない」という人を、具体的に、講座へと導いてくれる、とっても便利なサイトです。
また、「チェックポイント」や「適職診断」、「セミナー予約」「カウンセリング申込」など、役に立つ情報がもりだくさんで、楽しいサイトです。
栄養士・管理栄養士の講座もたっぷりあります。
ちなみに、私は、ここで資料を無料請求してから講座を決めました(結局ユーキャンを選択しましたが)。
上手に資料請求を活用して、自分にあった講座を選択できると思います!

 

“鬼に金棒”の通信教育

国家試験に合格するためには、もちろん、基本からしっかり勉強することが大切ですが、もうひとつ、必要なことがあります。

自分で勉強していると、手さぐり状態におちいりがちで、それほど大切でもない部分に長時間をさいてしまったり、自分の弱点に気づかずに同じ間違いをくりかえしてしまったり…。「勉強のコツ」といったものが、なかなか見えにくいものです。

通信教育を利用することで、こういったコツをつかむ事も、確実に、より早く力をつけるために、良い方法だと思いました。試験に必要不可欠な【傾向と対策】や、【ポイント】【覚え方】を教えてくれたり、さらには個別の添削指導で、間違った部分をわかりやすく解説してくれるので、自分がこれから、「何を、どれくらい勉強していけばいいのか」組み立てがしやすくなります。

学校で学ぶことは≪基本中の基本≫ですから、しっかりと勉強しておく必要があります。でも、資格取得のための国家試験というのは≪応用≫にあたるものだと思うので、≪基本≫だけでは対応できない部分もあるようです。
そんな部分をカバーしてくれるのが、通信教育です。通信教育は、国家試験にむけて勉強する人にとって、まさに“鬼に金棒”といった感じがします。

 

 

メリットがいっぱいある!通信講座

通信講座の資料無料請求

現代は“資格”の時代です。これから就職する人にとっても、転職を考えている人にとっても、資格は心強い味方になってくれます。
実際に「資格を取得したい!」と思っても、毎日いそがしく過ごすうちに「学校に通う時間なんてないし…」と、あきらめていませんか?
そんな方のために、通信講座でまなぶ方法があります。まずは資料請求をして、自分にあった講座を探すことからはじめましょう。「まだ具体的に決めたわけじゃないから」と、いう方は、気になる講座や、興味のある分野の資料を請求してみましょう。無料ですから、気軽に資料請求ができるのも、うれしいところです。

「好きなときに、好きなだけ勉強ができる」というのが、通信講座の一番のメリットです。忙しい家事の合間や、仕事から帰ってからの自宅で、自分のペースで勉強できます。さらに、個別指導のある講座なら、独学ではなかなかつかめない勉強方法も、マスターすることができます。試験対策にも、応じてくれますから、試験当日までのタイムスケジュールも、組みやすいでしょう。講座のサイトを利用すれば、たくさんの情報を得ることができますし、同じ道を目指す仲間とのコミュニケーションも、“やる気”のもとになるのでは?
費用も、学校に通うことを考えれば、かなり低価格ですみますし、通学時間の心配もありません。

「資格がほしい」と考えている方、まずは資料請求してみるべきです。前向きにがんばる気持ちがあれば、きっと資格は、あなたのものになると思います。