肥満問題(1)

この問題は皆さんにきちんと理解していただきたい事ですので、複数に分けてご説明したいと思います。

肥満問題。
元々、日本人は農耕民族。
普段から身体を動かしていたので、肥満という言葉自体ありませんでした。

しかし、近年の食生活の欧米化により、肥満になる人が激増。
「メタボ」という社会現象にまでなっています。

運動不足・食事の摂り過ぎ…。
現代社会が産んだ最大で最悪の問題。
それは肥満であると私は考えています。

 

 

 

肥満問題(2)

日本人の4人に2人が肥満。
どこだか忘れましたが、どこかでその様な発表をしていました。

肥満は脳卒中等、様々な病気の原因になります。
日本人の男性の大部分が肥満。
中年以上の女性の大部分が肥満。
そんな現状なのに、日本人は肥満を解消しようとしないのです。

そして、それにつられて昔は成人病と呼ばれていた生活習慣病になる方も非常に増えています。

肥満はあらゆる病気の元になりえる、非常に危険な状態なのです。

 

 

肥満問題(3)

先日、私が指導している学校で生徒からこんな質問が寄せられました。

「肥満の人は、どんな生活をしているのですか?」

今回は、どんな人が肥満に多いのか。
それを説明したいと思います。

カロリーオーバーで肥満

1日300キロカロリー。
少ない数だと思う方もいらっしゃるかと思いますが、1年間。
毎日300キロカロリーの食事を必要カロリー以上に摂ると、単純に1年で15キロ体重が増えてしまいます。

夜食を食べる方、事務仕事であまり動かない方、お菓子を食べる方。
上記の様な方は、簡単に300キロカロリーのオーバーを達成してしまいます。
上記の様な方が、肥満に多い人と言えるでしょう。

日本は今飽食の時代です。
世界では、食べられないで死んでしまう方達がたくさんいるのです。

少しでもその事を念頭に置いて、食べ過ぎには注意する様にして下さい。